地域活性化への挑戦 - 地方自治経営学会

地域活性化への挑戦 地方自治経営学会

Add: zyxexuro36 - Date: 2020-12-10 16:00:34 - Views: 2211 - Clicks: 2958

チイキ カッセイカ エノ チョウセン : チイキ ケイエイ ト ミンカン カツリョク ノ カツヨウ. 地域プロデューサーとしての地元企業の製品開発戦略――深表統合モザイクゾーンの観点から 大橋松貴(滋賀県立大学) 6. 学会誌『地域デザイン』第10号が,刊行されました。10月10日頃より,amazon,一般書店でも発売されます。 地域デザインにおけるアクターズネットワークデザインの基本構想 ―アクターズネットワークデザインの他のデザイン要素との関係性を踏まえた定義付けと体系化 原田保(本学会理事長)・板倉宏昭(産業技術大学院大学) 1. 日本酒と本格焼酎の再興戦略 佐藤淳(日本経済研究所) 5. なぜ日本は地域をリデザインできないのか ――過疎地MaaS導入の可能性を探る 三藤利雄(立命館大学) 3. 地域活性化の戦略と実際 フォーマット: 図書 責任表示: 地方自治経営学会編 出版情報: 東京 : 中央法規出版, 1985. 49-54 横山幸司. 1 day ago · 地域の特産品を扱う「アンテナショップ」は、現地に行かなくても地方の品物が手に入る、地方の広告塔のような存在。かつては都道府県の店舗.

年の活動実績 ・/1/18 大阪 講演会「生野区の地域活性化について」(武直樹 大阪市会議員) ・/3/19 大阪 講演会「多様性で地方を変え、日本. 年3月日本マネジメント学会山城賞(本賞)受賞。 横浜市中小企業支援センターでは,経営支援課にて経営相談,創業相談,csr(横浜型地域貢献企業認定制度)等,技術支援課にて医工連携を担当。. 地域デザインのための主観的幸福度とソーシャルキャピタルに関する一考察――地域と人のつながりから地域デザインを考える 後藤晶(多摩大学) 3. 地域特性を活かしたブランド戦略 鈴木寛(東洋大学) 2. 学会誌『地域デザイン』第17号に掲載する論文を以下の日程で募集します。 事前に所定の投稿申込書にて投稿申し込みを行ってください。投稿にあたっては,投稿規定・執筆要領,編集委員長からの通達を確認し,投稿原稿送付期限を厳守の上ご応募ください。多数のご応募をお待ちしております。 会員の皆さまの多数のご応募をお待ちしております。 【日程】 年7月31日(金)17:00 投稿申し込み(必着) 所定の投稿申込書を編集委員会宛メールにて提出してください。 E-mail: See full list on zone-design. ,近年、農山村地域では、担い手不足による耕作放棄地の増加等により農業生産活動が停滞するとともに、地域経済全体の疲弊が進んでいるため、地域の農林業の振興はもとより、地域資源を活用した都市と農村の交流や雇用増大に向けた取組等、地域特性を踏まえた創意工夫ある対応が求め. 多文化コミュニティにおけるアートの役割 ──ソーシャリー・エンゲイジド・アートの視点から考える地域づくり 戸澤里美(北海道大学大学院) 2. 「日光東照宮」と「日光市」:スピリチュアルゾーンデザイン -地域のための神秘、秘教、神話の活用 吉澤靖博((一社)ソーシャルユニバーシティ) 2.

コンステレーションマーケティングによる地域価値発現のための多様なゾーンへの アプローチ ─エピソードメイクのためのSSR モデルによる事例分析 編集委員会編著(原田保・西田小百合) 執筆者 原田保・石川和男・小川雅司・庄司真人・鈴木寛. 地方分権改革が地域デザインに与える影響 上妻博明(ハリウッド大学院大学) 3. 学会誌『地域デザイン』第12号が,刊行されました。10月1日頃より,amazon,一般書店でも発売されます。 地域デザインから構想される「ヘリテージビジネス」――コンテクスト転換によるビジネス創造戦略 原田保(本学会理事長)・ 石川和男(専修大学) 1. 市民活動における地域の価値創出について ―名古屋地区の市民活動団体事例によるトポスデザインの考察 今永典秀(岐阜大学) 3. 「越境」する主体 ──鉄道会社による地域ブランディングの試み 宮脇靖典(岡山理科大学) 3.

See full list on fujitsu. 一方、地域活性化の取り組みに目を向けると、税収減や福祉コストの増加など、自治体の財政が厳しくなる中、企業や住民、市民団体など地域の主体が自ら、あるいは協力して地域課題に取り組む「自助・共助のまちづくり」が注目されています。既に、多くの地域で取り組みが始まっていますが、2つの課題に直面し、活動が滞っている地域も散見されます。 まちづくり課題1 「持続的な推進体制を確立」 「自助・共助のまちづくり」では、産・官・学・民など多くの組織や人が関わります。そのため、調整に多大な労力を費やし、その精神的負担は計り知れません。義務感や生半可な気持ちだけでは長く取り組むことができないのです。 地域が中心となって推進体制を確立する上では、地域金融機関が有している行政や企業、住民など多くの人的ネットワークを活用することが有効な解決策になると考えられます。 まちづくり課題2 「運営資金の捻出」 実際に取り組みが始まると、運営資金という2番目の大きな課題に直面します。 運営資金を行政からの補助金等に依存せず、企業や住民などに幅広く募集する市民ファンドなどの取り組みが始まっていますが、資金を募る主体が市民団体などでは、信頼や理解が十分に得られ難いことも多く、資金を集めようとしても期待には程遠いという例も珍しくありません。 加えて、企業や住民の出資で確保した資金のみで取り組みを継続していくことは難しいため、「まちづくり」の取り組みの中で新たな消費を産み出し、その収益の一部を「まちづくり」に再投資する、といった資金が循環する仕組みが必要となります。 本業として金融サービスを提供しており、地域の企業や住民から高い信頼を得ている地域金融機関が、「まちづくり」に主体的に関わることで、地域の中で資金が循環し、継続的に取り組みが続けられる仕組みの一端を担うことが期待されています。. ・地域活性学会との連携 ・地域の学生/企業/自治体/学校等との連携 ・地域活性化のための企画/実行. イノベーションするアクター達と拡張する空間――せとうちの島からの視点 上杉志朗(松山大学)・森田正大(松山短期大学) 1. ぎょうせい 1986. ウォンテッド: ディスラプターが地域の未来を創る 三藤利雄(立命館大学大学院) 2. 広域ゾーンブランド「瀬戸内=せとうち& SETOUCHI」の確立へ向けて 柳生好彦(ヘルシーバンク株式会社)・磯田周佑(小豆島ヘルシーランド株式会社)・須鼻美緒(株式会社瀬戸内人)・原田保(本学会理事長) 1.

地域活性化への挑戦 : 地域経営と民間活力の活用. 公共性の概念を軸にした地域デザイン理論構築の試み 藤田直哉(二松学舎大学) 1. ZTCAデザインモデル活用による「健康なまち」「健康観光地」の検討 髙橋伸佳(株式会社JTB) 6. 学会誌『地域デザイン』第9号が,刊行されました。4月10日頃より,一般書店でも発売されます。 ZTCAデザインモデルにおけるコンステレーションの定義と適用方法に関する提言 原田保(本学会理事長)・ 鈴木敦詞(りんく考房) 1.

地域デザイン理論のパフォーマティビティに関する探索的研究 福田康典(明治大学) 3. 地域活性化への挑戦 - 地域経営と民間活力の活用 - 地方自治経営学会 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 明治産業革命の「負の遺産」とダークツーリズム 山田啓一(中村学園大学) 3. 地域におけるソーシャル・キャピタルの形成と地域アクターの役割――岐阜県土岐市を事例に 後藤清(高山城高山宿史跡保存会)・益川浩一(岐阜大学). ゾーンとトポスの相互浸透―トポスデザインの観点から 山田啓一(中村学園大学) 4. 地域資源とトポスの関係 ―S-D ロジックにおける資源統合と地域デザイン 庄司真人(高千穂大学) 1.

公営競技におけるコンテクスト転換 本田正美(島根大学) 3. 学会誌『地域デザイン』第13号が,刊行されました。4月5日頃より,amazon,一般書店でも発売されます。 目次 成長ビジネスとしての「シビックビジネス」 ―コンテクスト転換による事業創造創造戦略 原田保(本学会理事長)・ 石川和男(専修大学) 1. 地域の持続可能な発展とともに地域金融機関の経営の安定化を図っていくためには、地域活性化に関するスキル・ノウハウに加えて、地域金融機関の経営や営業推進および、それらの仕組みを支えるICTに関するスキル・ノウハウが必要となります。 富士通総研の金融機関向けコンサルティングでは、地域金融機関におけるマーケティングマネジメントの高度化や中小企業向けの営業推進支援、新ローン商品導入、次期システム化構想立案など多様な実績を有しています。 また、地域活性化のコンサルティングでは統計調査や住民アンケートなどの現況調査から地域が目指すビジョンの策定、地域活性化に資するビジネスモデル策定と展開計画作り、地域の特産品などを踏まえたブランド作りなどを総合的にサポートした多数の実績を有しています。 富士通総研では、上記のような実績、ノウハウ・スキルを活かし、現況調査によってそれぞれの地域特性を把握し、地域金融機関と行政や地域の関係者とともに目指すビジョンを策定した上で、地域金融機関を中心とした地域の関係者とともに、その地域に合致した持続的な地域活性化の推進を支援いたします。 これから地域金融機関が地域活性化に主体的に取り組む際には、是非ご相談ください。. 13, 於:関西学院大学大阪梅田キャンパス).

農村地域住民と都会の若者を地域アクターとする地域デザインの共創――地域アクターズプロデューサーの役割に焦点を当てて 藤川遼介(株式会社エピテック)・稲泉博己(東京農業大学)・大室健治(農研機構西日本農業研究センター) 3. 地域活性化と計画 資料種別: 図書 責任表示: 河村能夫〔ほか〕著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 明文書房, 1994. 少子高齢化や円高などによる景気の停滞、生産拠点の海外シフトなど、金融機関を取り巻く環境は厳しい状況が続いています。特に、都市部に比べて地方では、若年層の県外流出や、地場産業の衰退など、一層深刻な状況となっており、従来に増して経営基盤を拡大していくことが難しい経営環境にあります。 このような状況の中で、地域金融機関では、与信判断の高度化や窓口事務の効率化などによるコスト削減など、従来からの取り組みを一層強化しています。また、法人顧客への経営支援や個人顧客への運用相談など、個々の顧客に木目細かいサービスを提供し、多様な商品を提供することで、顧客あたりの収益拡大を図ることに注力しています。 しかし、営業基盤としている地域の経済が停滞している中では、個々の顧客取引に対するコスト削減や収益拡大の取り組みだけでは、地域金融機関の経営を大きく改善することは難しいのが現実です。 そこで、一部の地域金融機関では、中心市街地の活性化や特産品の販路開拓、地域の特色を活かした観光産業の支援など、営業基盤とする地域の活性化に主体的に取り組むことで、単なる資金提供者にとどまらない、地域の中心的な役割を担っていこうとしています。 営業基盤とする地域の行政や企業、住民や市民団体などと協力し、地域社会の維持・発展を図ることで、結果として自らの持続可能な経営を実現することが、これからの地域金融機関の目指すべき方向性だと考えられます。 【図1】地域金融機関が目指すべき方向性. 地域活性化と計画 フォーマット: 図書 責任表示: 河村能夫〔ほか〕著 出版情報: 東京 : 明文書房, 1994. 11 形態: 376p ; 21cm 著者名: 地方自治経営学会 シリーズ名:. 11 新・地方自治経営シリーズ / 地方自治経営学会編集 第2号.

経営学の視点からの結社(短歌・俳句)の研究 島田達巳(東京都立大学名誉教授) 1. ・「地域経済を支える地域企業の活性化」 日本地方自治研究学会編『地方自治の深化』第4章 清文社、年 【査読論文】 ・「地域活性化とは何か」 『地方自治研究』第28巻第1号、年 【日本地方自治研究学会賞(論文部門)受賞論文】. 3-形態: 冊 ; 30cm 著者名: 地域活性学会 巻次(年次): Vol. 若者の地域活動参加と多様なモビリティの展開 ――岩手県陸前高田市におけるNPO法人の実践から 野村実(大谷大学) 1.

産学金連携による地域創生の取り組みと地域デザインについて 今永典秀(岐阜大学)・松林康博(岐阜大学)・益川浩一(岐阜大学) 1. アートツーリズムとコンテンツツーリズム―国際芸術祭とアニメ聖地巡礼の観点から 中里昌平(学習院大学大学院(院生)) 4. 地域における中小事業者生き残りのための枠組み構築 ―親族承継を見据えた取り組み強化を中心に 石川和男(専修大学) 1.

7 図書 産業の空洞化が進む中での地域活性化に関する調査研究報告書 : 空洞化克服への道 日本学術会議事務局 2 図書 地域活性化への挑戦 : 地域経営と民間活力の活用. 28, 於:高槻市役所本館6階 大集会室) 平成27年度 秋期 大阪市隣接都市協議会研修 講師 「自治体経営における事業評価のあり方」(. 地域活性化を目的とした音楽イベントは、「アーティストを呼んでコンサートを行う」というこれまでの音楽イベントとは一線を画し、音楽と地域観光がより密接に結びつき、地方のまちを経済的に救うだけでなく、文化振興にも役立ち、住民の交流も促進. 高齢社会における地域保健医療について 島田達巳(東京都立科学技術大学(現首都大学東京)) 2. 地域活性化と地域経営 フォーマット: 図書 責任表示: 塩見譲編著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 学陽書房, 1989.

地方(地域)の勢いや活力を取り戻すために地方創生(地域活性化)がおこなわれています。 「 地方衰退は自業自得(地方衰退の責任は100%地方にある) 」とも言われ、まちの住民が真剣に取り組まなければ、地域を活性化するのは難しい面もあります。. オープンイノベーションは今や日本経済再生を語るときのキーワードであり、その切り札となるのがスタートアップ企業だ。連載3回目は. 地域コミュニティの持続可能性を高める住民の変革とゾーンデザイン ホーバック(東京大学)・原辰徳(東京大学) 2. IoTの現代的意義と未来への可能性 ―地域創生への適用 島田達巳(東京都立科学技術大学(現首都大学東京)) 4. 地域コミュニティの外部環境としての情報通信技術とイノベーション 萩原功(株式会社AStar総合研究所) 2. 銭湯の活用をめぐる地域デザイン上の論点――「日本の夕方の公共圏」解明に向けて 髙橋愛典(近畿大学)・平井裕三(大阪市浪速区まちづくりセンター) 4. 勝組地域企業の戦略デザイン 高山誠(大正大学) 4.

「 越境する顧客」との共創による観光地域づくり 宮野幸岳(大分県立芸術文化短期大学) 3. 地域ブランディングにおけるコンテクスト構造のモデル化 諸上茂光(法政大学)・木暮美菜(法政大学大学院) 2. ソーシャルネットワークを活用した都市住民と地域住民をブリッジングする新しい地域デザイン 松田壮史(多摩大学大学院生) 第5回全国大会特別講演要旨 グローバル地方創生 山﨑朗(中央大学) 第5回全国大会基調講演要旨 地域と共に創り、地域に届ける映画製作 山国秀幸(株式会社ワンダーラボラトリー) 第2回アートフォーラム要旨 「地域アート」と「地域デザイン」の関係性 藤田直哉(文芸評論家) 昨日まで何をして、今日から何をするのか? ゾーン・コンステレーション・トポス(ZCT)モデル再考 ―ダークツーリズムの分析視角による瀬戸内(長島愛生園)の世界遺産登録の事例 古賀広志(関西大学) 2. .

学会誌『地域デザイン』第14号が,刊行されました。10月4日より,amazon,一般書店でも発売されております。 目次 “無用"と“不要"から価値を生み出す“リボーンビジネス" ――コンテンツとトポスに新たな価値を吹き込むためのコンテクスト転換 原田保(本学会理事長)・ 石川和男(専修大学) 1. . 中山間地域の人的資源を活用した地域力経営の考察 ―愛媛県西予市遊子川の取り組み事例から 矢野邦子(愛媛大学大学院(院生)) 2. 地域イノベーション論のメタ理論 岩井洋(帝塚山大学) 2.

地方自治経営学会編 (新・地方自治経営シリーズ / 地方自治経営学会編集, 第2号) ぎょうせい, 1986. 地域において発露するデータとアクターズネットワークの相互作用 本田正美(島根大学) 3. 地域アートと地域デザインの理論的交点の探求 藤田直哉(二松学舎大学) 2.

書誌ID: AAISSN:. 改訂版ZCT モデルにおける3つの論理:ダークツーリズム、エフェクチュエーション、経験経済 古賀広志(関西大学) 5. プレミアムな地域創生に向けて 山﨑朗(中央大学) 5. 省エネ技術がもたらす地域経済効果ー試算モデル構築とその社会実装 2. デスティネーション・マーケティングにおけるデスティネーション概念の検討 藤田尚希(埼玉大学大学院博士後期課程) 4.

サンフランシスコ、カストロにおける重層的地域デザイン ── LGBT とIT 技術者の住むリベラルな街 石原圭子(東海大学) 1. 東京近郊地域のインバウンド政策に関する考察7 嘉瀬英昭(高千穂大学) 5. 横山幸司.

1 形態: 133p ; 26cm isbn:シリーズ名: 地域活性化シリーズ ; 8 著者名: 河村, 能夫(1944-) 書誌id: bn1022702x 注記: 奥付:訂正第2. インバウンド・アウトバウンド指標にみる日本の地域特性と課題 久保隆行(立命館アジア太平洋大学) 「社会医療人」が創り出す新たなコミュニティデザイン 吉澤靖博 ((一社)ソーシャルユニバーシティ)・小谷和彦(自治医科大学) 文化観光と地域デザイン 後藤和子(摂南大学) イノベーションを導く「カタリスト」と「プロデュース理論」について 275 桜庭大輔(NPO 法人ZESDA 代表) デザインで農業を変える ─北海道・十勝発、ファームステッドの挑戦 長岡淳一((株)ファームステッド). 学会誌『地域デザイン』第8号が,刊行されました。10月10日頃より,一般書店でも発売されます。 場の論理から捉えたトポスの展開 -身体性によるつながりの場とエコシステムの創造 原田保(本学会理事長)・宮本文宏(日本ユニシス(株)) 1.

2 形態: 262p ; 20cm 著者名: 塩見, 譲(1925-) シリーズ名: シリーズ自治を創る ; 8 書誌ID: BN03165614. 「『人づくり』積極政策を 中長期的に地域全体考えよう」. 1 形態: 133p ; 26cm 著者名: 河村, 能夫(1944-) シリーズ名: 地域活性化シリーズ ; 8 書誌id: bn1022702x isbn:.

地域活性化への挑戦 : 地域経営と民間活力の活用 フォーマット: 図書 責任表示: 地方自治経営学会編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : ぎょうせい, 1986. 地域密着・発信型観光産業の金融システム 岸真清(中央大学名誉教授) 4. 宗教・神話・死生観の再デザイン ─「創造的多文化主義」の提案 藤田直哉(日本映画大学) 4. 学会誌『地域デザイン』第11号が,刊行されました。4月10日頃より,amazon,一般書店でも発売されます。. 11 形態: 247p ; 22cm isbn:シリーズ名: 地方自治経営シリーズ 地域活性化への挑戦 - 地方自治経営学会 ; 5 著者名: 地方自治経営学会 書誌id: bn注記:. 健康なまちづくりにおけるシステムズエンジニアリングを用いたデザイン手法の検討 髙橋伸佳(株式会社JTB ヘルスツーリズム研究所長)・朴範玉(株式会社iTiD コンサルティング)・寺村良寛(株式会社iTiD コンサルティング) 3. 地域の中で資金を循環するという観点から見ると、例えば、米国では地域再投資法(CRA)に基づいて、低所得者層への住宅供給やコミュニティサービス、中小企業への投融資といったCRA上の「地域開発」に金融機関から資金が投入されており、地域の資金循環に一定の役割を果たしています。 日本でも、銀行の出資規制(いわゆる5%ルール)の見直しにより、地域金融機関が融資に加えて出資による資金支援を行うことで地域の中小企業の成長を後押しするなど、規制緩和も含めて地域金融機関のあるべき姿が検討され始めています。 しかし、制度改正までには時間を要することに加え、株価下落で含み益を抱え株式保有残高を圧縮してきた地域金融機関が、出資というリスクを取ることには企業文化の変革が必要となり、長い道のりとなることが予想されます。 そこで、地域活性化の第一歩として、地域金融機関の強みである豊富な顧客基盤に対して、従来より提供しているサービスを地域活性化の観点から少しずつ見直すなど、実現性の高い取り組みから始めることが考えられます。 例えば、地域活性化の取り組みの中で、住民の参加を促すために導入される地域ポイントと、地域金融機関のポイントサービスが連携することで、地域内での資金循環を高めることができると考えられます。地域金融機関が保有する顧客情報を活用して、顧客毎に様々な用途で利用できる地域ポイントを付与することで、顧客の潜在的な購買意欲を掘り起こし、地域の小売店などへの送客により地域内での消費を高めることが可能でしょう。 地域金融機関の豊富な顧客基盤が十分に活用できれば、多くの取引先企業と連携し、幅広い個人顧客に対して多様なポイントサービスによる送客が可能となり、地域経済活性化にも大きな効果が見込める取り組みだと考えられます。 実際に、一部の地域金融機関では地域ポイントとの連携に取り組み始めており、今後、地域活性化の面からも効果を発揮することが期待されています。. 地域運営組織の持続可能性に向けた研究 前田幸輔(日本経済研究所) 2.

地域活性研究 フォーマット: 雑誌 責任表示: 地域活性学会 編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 地域活性学会,. め、再び住民を惹き付け、地域を活性化していくための取り組みを行っている地域 があります。 本事例集では、地域活性化に先行的に取り組み、成果をあげている事例を日本全 国・世界から収拾、調査を行い「地域活性化100」としてとりまとめました。 本. /04 /03: 研究支援制度分類:研究推進プログラム 種目:基盤研究 日独共同研究:再生可能エネルギーによる地域経済の活性化-地域経済付加価値のモデル構築と適用. 地域情報システム再考:文化と経営の視点から -新潟県南魚沼市辻又集落の事例を通じた考察 森本祥一(専修大学) 地域活性化への挑戦 - 地方自治経営学会 3. まち歩きと地域デザイン -新発見を誘うフレームワークの構築 髙橋愛典(近畿大学) 1. 異なるコミュニティをつなぐ ――地域におけるエディターシップ 影山裕樹(合同会社 千十一編集室) 7. 地域産業振興における政策的公民連携――飛騨市を事例に 梅村仁(大阪経済大学) 5.

1 年度中小企業・地域活性化施策に関する意見・要望 年8月31日 日本商工会議所 基本的考え方 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に. まち、ひと、食の関係性と地域デザインの可能性 -コーヒーのスタイルとサービスの観点から 後藤裕(文部科学省)・廣瀬元(金城大学短期大学部) 4. ゆるキャラ、地域ブランド、「道の駅」など、地域活性化に向けた取り組みには様々なものがある。だが、多額の税金が使われているにも. 「地域を活性化するためには、なんとしても新規事業を立ち上げなければならない! それには絶対に『予算』をとってこなくては」――。今日も. 民主主義理論を用いた地域デザイン理論の試み 藤田直哉(二松学舎大学) 4.

まちづくり担い手育成プログラム -「松山アーバンデザインスクール」の意義と課題 片岡由香(愛媛大学)・羽鳥剛史(愛媛大学)・河内俊樹(松山大学)・直井玲子(松山東雲女子大学) 農業文化の人・地域づくり 原田保・唐崎卓也・平口嘉典・稲泉博己 地域デザインとコンテクスト転換 原田保・庄司真人・宮本文宏・古賀広志. 地域づくり活動の持続可能性についての検討 ―地域プラットフォームの形成と再構成に焦点を置いて 渡部薫(熊本大学) 2. 実践経営学会は、学界・実業界・官界において新たな研究分野に挑戦しようとする研究者が集い、理論と実践の調和を絶え. つながりが生み出す地域コミュニティと市民経済について 江口晋太朗(株式会社トーキョーベータ).

トポスデザインによる「ふるさと納税」の再構成 本田正美(東京工業大学) 山梨県における未来の地域交通デザインへの提言―第2回やまなしフォーラムを踏まえて 青木茂樹 石井信行 後藤晶 今井久 佐藤茂幸 佐々木邦明 申龍徹 地方自治体におけるデータマネジメントの再考 ―松戸市の安心安全メールを事例として 吉田健一郎 都市創造による地域創生戦略の新潮流 原田保 石川和男 八鍬幸信 江戸克栄 山田啓一 税所哲郎 IoT による地域創造戦略 原田保 森本祥一 有馬昌宏 本田正美 島田達巳. 地域コミュニティと地域医療 ―コミュニティデザインに向けて 小谷和彦(自治医科大学) 1. 役所活性化への挑戦 - 地方自治・分権・行革 - 地方自治経営学会 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!.

京都新聞 ニュースを読み解く. 岡山県倉敷市真備町岡田地区における地域愛着意識とその構造 今津海(福山市立大学大学院(院生)) 3. 地域のエネルギーを“地産地消”し、地域や産業を活性化する──。日本でも太陽光発電などの普及が進む中、このような再生可能エネルギーを.

地域活性化への挑戦 - 地方自治経営学会

email: yforu@gmail.com - phone:(134) 941-2187 x 8495

トヨタは、どう勝ち残るか - 桑原晃弥 - と自由の哲学 マイケル

-> 司法書士 みるみるわかる!商業登記法<第3版> - 山本浩司
-> Emotional Sales Technique ヒトは感情で決断する - 森下康幸

地域活性化への挑戦 - 地方自治経営学会 - Favorite ニューミュージック songs


Sitemap 1

失敗しない一戸建て購入大作戦 - 山下和之 -